日本のおせち料理について

日本のおせち料理は伝統料理であり、お正月には欠かせないものである。

欠かせないおせち

日本のおせち料理について

おせちとは、日本のお正月には欠かすことのできない伝統があるものである。

私も小さいころから慣れ親しんできたものである。

私の小さいころのお正月は、祖母や母が手作りしてくれた田作り・煮しめ・黒豆・牛肉子棒まき・伊達巻・昆布巻き・なます・千枚漬け・栗きんとんなどを親戚が集まって賑やかに過ごしながら食べていました。

でも今現在は、コンビニやデパートなどで、多種多様なおせち料理が販売されており、手作りする人は減少傾向にある。
関連サイト:オーダーおせちの魅力とは!?

おせちを手作りしなくなった原因のひとつには、お店が昔は三が日には閉まっていたので日持ちするものを手作りしていたが、現代では、コンビニなどが常に開いているので作りおきをしなくてもよくなったという点が大きいと思われる。

しかも核家族化が進んで、大勢でおせち料理を食べるとゆうことが失われつつあるのが現状です。

おせちという伝統料理がなくなるというのはとてもさびしい気がします。

おせちは、その家庭によって味や種類も異なるので、ぜひこれからもこの伝統の味を未来の残していくことがとても重要だと思います。

おせちがないお正月は今年一年がんばろうとゆう気持ちがなくなる気がします。

お正月には、やっぱりおせちは欠かせないと思います。

■ おすすめサイト ■
無添加食品販売協同組合

Copyright (C) www.alprazolamrxovernight.com. All Rights Reserved.

欠かせないおせち